菊花賞 私が一番注意すること

いよいよ菊花賞の季節が来ました
やはり秋は菊花賞が一番秋らしい
グレードレース

3000 M の長丁場だから
一番大事なのは騎手がどのようなペース配分を考えているか

つまりペース配分を考えるには
なんどもの経験が必要と思います

つまりベテラン騎手は有利なことは間違いないでしょう

その点やはりルメール騎手なんかが上手ですね
ゴール前で瞬間に伸びる
なんども見てきた光景です

ただそこでどのような要素を持ったうまかということも大事です

つまり長距離を走るフォームである
長距離を走る体型であり
長距離を走る息遣いである

4コーナーを回ってからかなり伸びる力が常にある

その中でも一番大事なのはフォームと思います

柔らかくバネのある体型
パドックでは歩く姿がゆったりとしていてスムーズで左右バランスが良く

これは調教の姿も同じで
しっかり見ることによって勝ちそうな馬が見えてきます

具体的にどのような馬が出るかは知らないですが
私は以上あげたことをいつも意識して入ります

春の天皇賞と菊花賞は
ベテラン騎手を狙う
勝った経験のある騎手を狙う

さらに厩舎が2頭出しの場合
それも注意がいるでしょう



この記事へのコメント