やっぱりパドック パドックが一番

金曜日に新聞買って秋華賞の馬柱を何回見たか
10回20回も見ている
どう考えてもソダシ

新聞を見た述べ時間にすれば
5.6時間には乗ってると思う

それからいよいよテレビ放映  
だけど関西テレビで馬が映るのは
僅かな瞬間

ソダシは何度も写すが他の馬は一瞬  

だけどソダシはあまりピンと来ない

すこぶるよく写ったのは14番
そしてバネがありそうな一番 
固かったけど10番と9番 
12番も良くは見えたけソダシと同じ馬主だからソダシに勝たすために犠牲になると読んだ

だけど結果は最近の傾向のように
同じ馬主や同じ厩舎が勝つ

金子オーナーは3頭出していたので16番の大穴までを考えたが
4番と12番がやはり金子馬の馬だったので栄光を掴んだ

もしパドックを見ていなかったら
人気的には3番手か4番手だったルメールの乗るファインルージュが
軸になどできなかったが

パドックを見た途端に
この馬と思われた 

だからこのレース14番を軸にするべきであった

いよいよ競馬もコロナの影響は過去のものとなりつつあり

パドックを多くの人が取り囲み
見慣れた光景に変わってきた

それは私のようなパドック派の人間が一番待ちに待った光景で

競馬はこれでないと面白みが半減する

予想紙を何時間見てもパドックで馬を一分見るより劣るのであるから

今日は体中の血が騒ぎ出したように思えてきた

50年間以上パドックで馬を見つめ続けてきたから

いよいよスタートラインに立てたような気がする

この記事へのコメント